10万円未満の借り入れ おすすめ

必要書類を郵送かFAXで提出すれば当日中の振込も!

 

キャレントは中小規模の消費者金融なので、大手の審査に落ちた人でも融資を受けられる可能性があります。

 

 

しかし、大手の審査に落ちた人は、なぜ落ちたのかをしっかりと考えておきましょう。

 

 

キャレントは1万円から借りられるので、働いていて一定の収入がある人なら借りられる可能性が高いですが、致命的な理由がある人は借りられない傾向があります。

 

 

致命的な理由というのは、ブラックリストにのっているとか、他社からすでに4社以上から借りていて多重債務者となってしまっている人です。

 

 

一般的に、5社以上から借りている人のことを多重債務者と呼びますが、すでに4社以上から借りている人も要注意です。

 

 

なぜなら、すでに4社から借りていて、さらに1社から借り入れをしてしまうと、結果的に多重債務者となってしまうからです。

 

 

大手の審査に落ちた人でも、致命的な理由がない人ならば、10万円未満の借り入れができるキャレントなら借りられる可能性があります。

 

 

申し込み方法はインターネットからしか受け付けておらず、実店舗を持たないインターネット融資専門の業者と考えることができますが、今の時代は実店舗を持たないことは大きなデメリットにはならないでしょう。

 

 

銀行でも、ネット銀行は独特なサービスを提供していることで、人気があります。

 

 

実店舗を持たないことで、人件費や店舗費が節約できるので、その分をサービスにまわせるという意味ではメリットと考えることができます。

 

初めてでも安心♪来店不要!ネットで申込!

 

キャレントの大きなメリットは、返済方法が2つあり、口座からの自動振り替え(三菱東京UFJ銀行)に対応しているということです。

 

 

大手の消費者金融では3つ以上の返済方法が用意されていることもザラにありますが、中小規模の消費者金融では返済方法が銀行振り込みにしか対応していないということもよくあります。

 

 

その上、指定された振込先が地方銀行であることも多く、振込手数料が高額になってしまうこともあります。

 

 

手数料が無料の自動振り替えというシステムがあることは、中小規模の消費者金融では大きなメリットとなります。

 

 

例えば、A地方銀行からB地方銀行への振込みで500円の手数料がかかると仮定します。

 

 

10万円を金利18%で借りて、銀行振り込みで毎月5千円を返済していく場合、18ヶ月目あたりから利息よりも振込み手数料の負担のほうが大きくなってしまいます。

 

 

完済までは24ヶ月かかるので、総額1万2千円の振込手数料を支払うことになります。

 

 

三菱東京UFJ銀行に口座を開設する手間をかけてでも自動振り替えを利用する価値はあるでしょう。

 

>>キャレント公式サイトはこちらから<<